多重債務の相談

MENU

グレーゾーン

今までキャッシングを使ったことがある人で、過払いをしている方がいます。キャッシングを利用している人でも、過払い金についてよく知らない人もいるのではないでしょうか。

 

もしも過払いしているのであれば、請求することによって、キャッシング会社からお金を取り返すことができるのです。過払いの返金をしてもらえるのは、キャッシング融資を受けたことがある人の中でも、高い金利で借りた人だけです。

 

では、キャッシングでいくらの金利で借りていると過払いになるのでしょうか。出資法では、貸金業者からお金を借りる時の金利の上限を20%としています。この出資法上の上限を超えた金利を貸金業者が設定すると、違法であり、刑罰の対象となります。

 

出資法のほかに、キャッシングの法律では、もう一つの別な法律があります。利息制限法では、10万円未満の借入では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%と金利の上限を定めています。

 

この利息制限法の上限を超えた金利で利息をとっても刑罰の対象にはなりませんが、違法であり、その分の利息は不当利得として返還しなければなりません。つまり、利息制限法で定められた金利より高い利息を支払っていた人は、払いすぎた分を過払い金として返してもらうことができるという仕組みです。

 

キャッシングを利用するときには、借入先のキャッシング会社が利息制限法をきちんと守っているかどうかもチェックしてから借り入れをしましょう。利息制限法や出資法を守っていないキャッシング会社は闇金の可能性もあり、そんなところからお金を借りたら後々大変な思いをするかも知れないので注意しましょう。

関連ページ

過払い金とは
過払い金とは、違法な利息を取っていた貸金業者への返済金の払いすぎていた金額のことです。2010年の法改正で決められた、利息の最高率を超えて支払われた返済額の過払いは変換請求できます。
過払い金返還請求
過払い金が発生していたら、過払い金の返還を請求することができます。引き直し計算の結果利息を払いすぎていたら、払いすぎた分だけ過払い金を返還してもらいましょう。