多重債務の相談

MENU

返済不能に陥ったら

キャッシング会社から利用者に連絡が入る時の例として、融資を受けておきながら、返済日にお金を返していない時があります。

 

返済の遅延が分かった翌日以降に、携帯電話や固定電話にキャッシング会社のスタッフが個人名を使い、それを伝えることがあります。

 

キャッシング会社からの返済が遅れたときの対応は様々のようです。それが一回目の返済遅延なら、返済はいつするつもりなのかなどを、電話で優しい口調で確認してくるだけにとどまるようです。

 

もしも、うっかり支払いを忘れていた場合は、次の日とか1週間後などというように具体的に返済できる日を伝えるようにしましょう。、キャッシング会社から、返済日に関する問い合わせがあったとしても、きちんと返済すると伝えた日に入金が出来れば、それ以上大きな問題になることはありません。

 

相手に伝えた期日以上に返済日がずれこむことがないように、きちんと返済をするようにしましょう。しかし、約束した期日を過ぎても支払わないと、その後に何度も連絡が入ることになってしまいます。

 

最初はおだやかな口調で対応していたキャッシング会社の人も、返済されない日が続けば、口調もいつまでも優しいとは限りません。返す返すとしいいながらも、いつまでも借りたお金を返さないでいると、キャッシング会社から人がやってきたり、法的措置をとって返済を迫ってこようといます。

 

いつまでも返済しなければ、ブラックリストにも入ることは確実ので、どうしても返済出来ない場合は、債務整理の相談に行くことをおすすめします。債務整理の相談だけなら、無料で受け付けているところもあるので、キャッシングの返済に行き詰ったら、法律の専門家を頼って解決策を見つけるのも、ひとつの方法です。

関連ページ

債務の相談をする
債務整理の相談は、弁護士か司法書士に相談する事をお勧めします。弁護士や司法書士は、債務整理を熟知しているため、的確な解決方法をアドバイスしてくれます。